レディ

資格取得の為に養成校へ

ベッド

社会人でもなれる

マッサージは普段から慣れ親しんでいるものであり、誰でも1度は受けたことがあるでしょう。また、それを生業としている人もおり、あん摩マッサージ指圧師といいます。これは国家資格であり、この資格を取得するには勉強し、国家試験に受かる必要があります。この職業は、あん摩、マッサージ、指圧を行って、身体の痛みなどを改善させる技術を必要とします。指圧は、身体を押したり、もんだり、叩いたりすることの総称です。あん摩マッサージ指圧師になるには、指定されている養成校に入学し、勉強し、国家試験に受かる必要があります。国家資格であり、一度とってしまえば、何か特別なことがない限りは一生保有できます。基本的には、国が視覚障がい者の社会参加を目的に作った職業であり、盲学校での勉強が主でしたが、近年は健常者でも取得できる資格になってきています。養成校に入学するために試験を受けて、合格した後に3年間専門教育を受けます。そこで専門教育を受けたのちに国家試験を受け、晴れて合格すればあん摩マッサージ指圧師として働くことができます。国家試験は合格率が近年85%を超えており、比較的高い割合で合格することができます。国家試験は解剖学や生理学といった多くの科目をもとに問題が構成されている為、十分に勉強をしておくことが必要です。社会人でも夜間に通える専門学校もあるため、昼は仕事をして、夜は専門学校で勉強といったスケジュールを立てることも可能です。両立が難しい場合は、仕事を一度離れ、3年間昼に学校に通うといった人もいるようです。