レディ

試験に合格して働く

マッサージ

活躍の幅が広い

手に職を付ける、という言葉がありますが、幅広く活用できる技術や資格を身につけていると働くことに関しても有利になります。手に職を付けることとして、マッサージはさまざまな働き方ができる資格として人気があります。ではマッサージにはどのような種類があるのでしょうか。また、どのようにして資格を取得できるのでしょうか。まず種類についてですが、大きく分類すると二つの種類に分かれます。国家資格と民間資格です。マッサージの国家資格は国によって定められ、認定されている学校で三年以上学び、国家試験に合格することによって取得することができます。国家資格となるわけですから、幅広く活用できます。医療機関や介護施設、独立開業、整骨院など多くのところで求められています。就職することも独立開業も可能なので、まさに手に職を付けることになります。ではマッサージの民間資格の場合はどうでしょうか。実は法律上「マッサージ」と名乗れるのは国家試験に合格した人だけになります。ですから民間試験に合格していても「マッサージ」とはいえないことになります。しかし「整体」などの言葉で施術することができます。しかし、民間の資格でも専門学校でしっかりと学んだり、実習を行ったりできるので、どちらを選ぶかは個人の判断になります。国家試験を受けるために学べる専門学校は全国でも限られており、三年以上の学習時間をとれない場合もあるでしょう。そのような方の多くはライフスタイルに合わせて学べる専門学校や実習も行える通信教育などを活用して民間の試験を受けている方も多いのです。国が定めているか民間か、という違いはありますが、手に職を付ける資格を活かして活躍できる場所が多いことにはかわりありません。個人の状況をしっかりと検討して学習するようにしましょう。